たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  八王子市 八王子市


過去歴:ホンダ・ステップワゴンにレカロシート装着模様。

 サンキュー

最初の投稿日:1999/01/31

ステップワゴン+LX-X&S
  XXのXさん。
  ちょっと粗そうがありました(久しぶり)、
  左フレーム無いのに有る!って大手違い、
           済みませんでした。
  
         でも、前から知ってたよ、とか、いつもHP
          チェックしてるよ
     なんて言われてウレシカッタです、
           一生懸命フォローします。
  ポジションいつでもお伝え下さい(問題あったらね)
  そうそう左フレーム水曜着で出荷しま~す。

有りがたかったサンキューメールです。


XXのXさんからのメール。
Subject: サンキューメールです
Date: Tue, 2 Feb 1999 15:48:59 +0900


こんにちは佐崎さん&メカニック
(Xさん、XXさん、すいませんもう一名名前を
失念いたしました)のみなさん。1月31日に
おじゃましました山梨の**です。

その節はいろいろ親切にしていただき、
ありがとうございました。
まだレカロを装着後2日しかたっていませんがこの興奮を
伝えたくメールを送ります。
とりとめのないことを長々と書くと思います。すいません。
サンキューメールとして載せる場合には適当に
切ってください。
--
 中古レカロ購入まで
私も車に興味のある人間ですから、
かねてよりレカロシートには興味を持っていました。
一種のあこがれです当然ジェットセットの名前も
雑誌等で拝見し知っていました。しかし、
あこがれの気持ちはあるもののなにしろ金額が金額
ですから今まで購入できず、純正シートの車歴が
続いてきました。ところがちょっとまとまった
お金が手に入り、さて何に使おうかと考えながら
ネットサーフィンしていたところ、
ジェットセットのHPが目に留まったのです。

「よし、レカロ買おう。そうは思ったのですが、やはり
値段が一番の壁でした。貧乏人の悲しい性。レカロの
名前で検索をかけて、引っかかるページを片っ端から
のぞきました。

すると、ありましたよ。やすいレカロが。並行輸入品。
トレンド一脚13万。
レール入れても15万を切る。2脚30万弱。
正直言って真剣に悩みました。でもでも、ここで思いました。
「なんでこんなにやすいレカロあるのに、みんな
ジェットセットでレカロ買うのだろう?
「なんで北海道からわざわざ来るのだろう?」そう思って、
ジェットセットのページを穴があくほど読みまくりました。

そして決心しました。
「よし、ジェットセットでレカロ買おう。」そう
は思ったのですが、やはりやはり値段が壁。うーん、
1脚ならなんとかなるなあ。

1脚ならスタイル電動かな?でも2脚ほしいなあ。
どうしても2脚ほしいミーハーな自分との葛藤が
始まったのです。そうこうしながら毎日ジェットセット
ページを見ていると、中古レカロの回転の速さに気づきました。

「みんな同じなんだ。そうだよなあ。そんなに簡単に
お金でてこないしなあ。妙に納得して、それからというもの
「レカロの中古」コーナーを見続けました。
なかなか自分がこれだと思うレカロが2脚そろって出ません。
そんなある日、CRの電動シートが2脚あっという間に売れて
しまった日がありました。

その日の夕方まではレカロの中古コーナーになかったの
ですが、次の日に開くと、2脚そろったCRの写真と
そこに白い斜め線が。

「うわーっ、やられた。」正直な感想です。そのときから、
ひどいときには10分おきにリロードかける日もありました。
すいません。アクセスカウンターの数増やしたの私です(笑)。

そして運命の1月30日(土)、朝4時。
前日の夕方5時にはなかったレカロLXの姿が。
「やったー。」思わず叫びました。

それも私のほしかったグレーが2脚。もうこれは
買うっきゃない。電話だ電話。そして9時50分。
お店が10時からなのでちょっとフライングです。
でも、一刻も早く電話しなければ、また売れてしまいます。
そうなった悲しい。

私「もしもし、山梨の**といいます。
中古のグレーのレカロまだありますか?」
まだありますか?と聞くところに思いが込められてますね。

佐崎さん「ありますよ。」 私顔にやにや。
佐崎さん「車なんですか?」私「ステップワゴンです」
佐崎さん「あちゃー」一瞬ドキッとしました。
なんで?ステップワゴンにはつかないの?

佐崎さん「ほかの車だったら中古のレールがあるから、
それあげられるんだけど、ステップワゴンはレール
新品になっちゃうね。
中古のシートだからできるだけ安く出してあげたいのだけどね。」いい人だなあ。うれしいなあ。

そして1月31日(日)午後2時40分、
ジェットセットへのおじゃまとなりました。わざわざ外まで
出迎えていただきありがとうございました。
初対面(といってもお顔は何度も拝見してました)の緊張が
解けました。シートそのものも非常に程度が良く、感激感激。

レカロのプロとしてのジェットセット
お伺いして本当によくわかりました。

どうして日本中のみなさんがわざわざジェットセットまで
きてレカロ買うのかが。 まず佐崎さんのお人柄。
ほんとうに気さくなおじさん
(失礼、でもとってもよい意味で書いてます)

いろんな話を丁寧におもしろくしてくれます。
装着待っている間全然退屈しません。
(世の中には冷たく待たされるショップの多いこと) 

次にメカニックの方々の親切さ。
いろいろ説明をいただいたのですが、こちらの立場に立って
わかりやすく丁寧に教えてくれました。その言葉の節々に
とても暖かいものを感じました。 そしてなんといっても
装着へのこだわり

あらかじめ私の体形(事前に電話ではなしておいた)に
あわせてシートの高さ調整をしておいていただいたこと。
そして仮装着でのポジション決め。
レカロを使用する側に立ってのこだわりがとても
感じられました。

確かに人間の体格は千差万別です。それに対して、
純正の車の多くは平均的な日本人の体形を基準に
して位置を合わせているので(例外もあるけれど)
ある程度その車の元々のポジションに人間が合わ
せなければなりません。

すると、人によっては耐え難いポジションになってしまう
ことが多々あります。ジェットセットでは人とシートと
車との関係がもっとも良い状態になるように
オリジナルのスペーサーや金具を駆使して、何通り
ものポジションを創り出して
くれます。このこだわりこそプロ中のプロですね。

そしてどんなに金具を使おうとも、どんなに時間が
かかろうとも、そのことがシートの値段にプラスされない。
(ちょっと難しい作業だから工賃高いよみたいなショップ
が多い)

取り付けること(それもその人と車に合わせて)が
当たり前という姿勢には本当に感服します。
本当にここに来て良かったです。

今回助手席のシートフレームが無かったという
手違いがありました。こんな勘違いどこのショップでも
あることでしょう。人間ですから。
しかし、ここからが違いました。

私が後で簡単に取り付けられるよう、一度助手席を
全部はずして、ボルトナットの当たりを取って
くれたのです。そして、4カ所のナットをはずすだけで
シートがはずれるだけの状態にしておいてくれたのです。

取り付けに使用する六角レンチのソケットまで
いただきました。また、シートの角度、高さ調整が
できるようにと金具のセットもいただきました。
(おまけとしてランバーサポートパッドもいただきました)
こんなにしてくれるショップほかにないです。少なくとも
私は知りません。
確かにレカロシートはとてもすばらしいシートです。
そのすばらしいシートを本当にすばらしく感じさせる
ジェットセット。私はレカロなら絶対ジェットセット
だと自信を持って断言します。

レカロ(LX-X)の使用感(中央高速) 
装着して1日2日のことでレカロを語るのは10年早いと
叱られそうですがいま感じている気持ちを正直に伝えたくて、
お叱りを覚悟で書かせていただきます。

ジェットセットまでの中央高速で私は手に汗をかきました。
実は今まで高速を運転すると必ず手の平が汗ばむのです。
これは私の体質的なものだとずっと思ってきました。
しかし、ジェットセットからの帰りの中央高速では汗を
かかなかったのです。 
ステップワゴンのシートは極めて平です。
サポートは無いに等しく、コーナーや交差点では必ず
肘掛で身体を支えたり、ドアにもたれたりしていました。

中央高速は特にカーブが多く、深いカーブではいつも
恐怖を感じていました。その恐怖感のために、
手のひらから発汗していたのでしょう。 
 
それがレカロにしたら嘘のようになんともないのです。
このLX-Xは程良いサポート感があり、シートに身を
ゆだねるというイメージで座ることができます。
カーブや交差点で身体がずれるなどということは
全くありません。

その安定した着座姿勢が安心感を生みその安心感が
運転の質を向上させてくれたのです。
100Kほどの高速運転しただけですから、疲労感の
変化などはまだわかりません。
そちらのほうはまたレポートしたいと思います。

しかし、精神的にリラックスして運転できるのですから
長距離になればなるほど疲労の差は出てくるでしょう。
とにかく、私にとってはこの恐怖からの解放は非常に
大きな問題で、高速を使用しての行動範囲広がる
ことは間違いありません。

レカロの使用感(一般道)

私のステップワゴンはサス(スプリング、ショック)を
交換してあります。したがって、路面の小さなギャップを
ひろい、その衝撃がすべて身体に伝わってきました。
レカロにしたら、その衝撃をかなりマイルドに緩和
してくれるのです。

路面からのインフォーメーションは十分伝わってくるの
ですが、その伝わり方は純正とは全く別のものなのです。
純正が「ゴン」と伝わるのなら、レカロは「ごん」と
いうイメージです。カタカナとひらがなの差ぐらい、
角がとれた伝わり方なのです。シートそのものはレカロの
ほうがはるかに固いのですが実際に身体が受ける感じはの
はそれとは逆です。

「これがレカロなのか」とあらためて感心しました。 
LX-Xはホールドそのものはかなりマイルドな方なの
ですが私には必要にして十分です。

むしろ、これ以上サイドサポートが大きいと肘が当たって
しまうのではないでしょうか。また太股部分のサポートも
私にはちょうど良いように思えます。サポート部分の
張り出しがある分だけ、乗り降りにはお尻を浮かせな
ければなりません。

しかし、レカロの快感のまえには小さなことでしか
ありません。日が浅いため、まだ大ざっぱな使用感
しか書けません。もっともっと座り込んで、
もっともっとレカロの味がわかったら再度メールします。

PSその1 ホームページについて

ジェットセットのホームページがあったからレカロが
買えました。頻繁な更新で生きた情報が得られるこの
ページはとても魅力的です。
これからも毎日のぞきます。佐崎さんがんばって
更新続けてください。

PSその2  ちょっとポジションを変えました。

取り付けていただいたポジションから、
前を1段上げ、後ろを2段上げました。
これすごくいいです。視線が高くなった分気持ち
よく運転できます。 座った感じもお店でカウロスに
載ったレカロに座った感じと似てきました。
あれ、本当に気持ちよかったですよ。いろいろまた
いじってみます。自分に一番のポジション見つけます。

PSその3
デジカメで取らしていただいたお店の写真や佐崎さん
はじめメカニックのみなさんの写真。
私のホームページで使わせていただきます。
精一杯宣伝したいと思います。

なるべくはやく制作に取りかかりたいと思っていますが
今のところいつになるかわかりません。
できたらメールしますね。

平成11年2月2日レカロ装着で幸せいっぱいの XXの
Xより(仕事先からメールしてます。
しかし、仕事さぼってるわけではありませんよ。

---

現在進行中のホンダ車へのシートの装着模様>>>

--

東京八王子のJETSETは1983年創業、

1995年WEBサイト設置、1998年より

ほぼサイト内容の毎日更新を行って

おります。ブログの普及化以前より

現在のブログのような更新を継続し

現在まで至っております。

 

 

  

  

 
 

 

ジェットセット ジャンル:自動車・最寄り駅:西八王子

TEL:0426240640

住所:東京都八王子市横川町81-21



  • 同じカテゴリー(お客様からサンキューメール)の記事画像
    アバルト595:ジェットセットで良かったヨ動画
    高度なレカロシートユーザーボイス。
    VW:トゥーランにレカロシート装着、サンキューメール付
    サンキューメール:再掲
    懐かしいお客様写真再掲です:デリカスターワゴン(MITSUBISHI)にレカロシートの装着でした。
    懐かしいお客様登場:MG-F(BL)にレカロシートの装着でした。
    同じカテゴリー(お客様からサンキューメール)の記事
     アバルト595:ジェットセットで良かったヨ動画 (2020-06-01 20:22)
     高度なレカロシートユーザーボイス。 (2020-04-27 20:53)
     VW:トゥーランにレカロシート装着、サンキューメール付 (2019-12-01 16:32)
     サンキューメール:再掲 (2019-11-03 17:18)
     懐かしいお客様写真再掲です:デリカスターワゴン(MITSUBISHI)にレカロシートの装着でした。 (2017-07-05 08:55)
     懐かしいお客様登場:MG-F(BL)にレカロシートの装着でした。 (2017-06-09 07:44)

    Posted by ジェットセット  at 15:34 │Comments(0)お客様からサンキューメール

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    過去歴:サンキューメール付。ホンダ・ステップワゴンにレカロシート装着模様。
      コメント(0)